Shinjuku, a city where more than 3.4 million people pass by everyday. The number of passengers getting on board as 1.3 billion a year is the best in the world. I am one of them. To me, Shinjuku is a place to switch between personal and work feeling every morning and every night. I shoot this city every day as part of my life. This project focuses on the emptiness that Tokyo's life brings, or what is born when the fluctuation of my feelings mixes with the smell of the city life. And this was shot as a human record living in present Tokyo.

Book published. This series has been exhibited at Legnano Castle, Milano, Ginza NIKON SALON and Osaka NIKON SALON., Corigliano Calabro, Italy.

新宿、日々340万人が行き交う街。 1年にすると13億人、ダントツで世界一の乗降客数を誇る。 私はその中の一人だ。 私にとって新宿は仕事とプライベートの気持ちを切り替える場所。 毎日、生活の一部として街を撮っている。このシリーズは東京の生活がもたらす空虚感、または私の気持ちの揺らぎが街のにおいと交じり合ったときに生まれるもの、そこを注視した。 そしてこれは現在の東京の人々の記録である。

本が上梓されました。本シリーズは伊ミラノ・レニャーノ城銀座ニコンサロン、大阪ニコンサロン伊コリリアーノカーラブーロにて展示されました。

©2014 Tadashi Onishi. All rights reserved.